しきたりや風習を学ぶ!愛知県のお葬式について。
  • 知っておきたい葬儀の基本知識
  • 葬儀社選びのポイントを紹介
  • 愛知で遺族から喜ばれている葬儀社ランキングを発表!
  1. 愛知県の葬儀・お葬式のしきたりや風習を学ぶ

たくさんの風習が残る愛知

たくさんの風習が残る愛知

愛知県は全国的に見ても、お葬式に関してたくさんの風習が残る地域です。

中でも有名なのは「お淋し見舞い(おさみしみまい)」と呼ばれるもの。これはお通夜の際に遺族へ持っていくお菓子やお酒のことです。他県でもお通夜にお供え物を持っていく風習がありますが、お供え物が故人に対して持っていくのに対しお淋し見舞いは遺族に対して持っていくもの。お通夜のあと残された遺族が淋しくないように、という想いから始まった風習のようです。お淋し見舞いは香典とは別物で、お通夜でお淋し見舞い・本葬で香典を持っていくのが一般的とされています。

また愛知県では火葬の順も地域ごとに異なります。 葬儀の流れは大きく分けて3種類あり、もっとも一般的なのは通夜→葬儀・告別式→火葬です。これを「後火葬」と言います。

2つ目は通夜→火葬→葬儀・告別式という流れの「前葬」、3つ目は火葬→通夜→葬儀・告別式の「骨葬」です。愛知県中心部では前火葬と後火葬が混在、山間部や海沿いでは前火葬が多いようです。また南知多町では骨葬が多いとされています。

どの地域もそうであるように、愛知県もここ最近は都市部を中心に葬儀が簡略化される傾向にあります。一方で風習をとても大事にする人もいますので、どのような葬儀を行うかは近親者・葬儀社とよく話し合って決める必要がありそうです。

尾張や南知多町地域特有の風習いろいろ

愛知県 地域マップ

・尾張地方の風習「涙汁」

尾張地方では、精進落としの会食で近親者が「出立ちの膳(でだちのぜん)」という精進料理を食べる風習があります。この出立ちの膳に、涙汁と呼ばれる非常に辛い胡椒汁・唐辛子汁が出されます。涙汁には、辛い汁物を飲み故人のために涙を流すという意味と、辛さでお葬式の疲れをとるという2つの意味合いがあるとされています。

・南知多町地域の風習「わらを燃やす」

知多半島の最南端に位置する南知多町地域には葬儀に関して様々な風習があります。その1つが、自宅から出棺する際にわらを燃やすこと。これには故人がもう帰れない、という意味があるそうです。また、柩の下にござを敷いて出棺の時にそのござを木の棒や竹で叩くことも。

他にも、柩にお菓子を入れたり(冥土の旅の途中で邪魔をする餓鬼にお菓子をあげて道をゆずってもらう)、自宅に安置した遺体は僧侶が枕経をあげるまでは生きているものとするといった風習もあります。

愛知県でお葬式を経験した人に聞いた愛知県のしきたり

愛知県には他にもいろいろな葬儀に関する「しきたり」があります。実際に愛知県でお葬式を経験した人に聞いた、しきたりの一部を紹介します。

【尾張地区】

・葬儀場から火葬場へのルートは行きと帰りで変更しなければならなかった

・喪主は白装束を身に着ける

【名古屋地区】

・生花は参列者がすべて持ち帰る

【西三河地区】

・白木の位牌は大小2つを準備。大きいほうを遺体の胸元にいれて火葬し法要は小さい位牌で行う

・お通夜、葬儀ともに焼香鉢近くに100円玉を供える。故人が三途の川を渡るときにお金がかかるだろうという想いから

・告別式のすぐあと初七日の法要が行われる

【知多地区】

・自宅からの出棺時、柩の下にござを敷いてござを竹と木の棒で叩く。外でわらを焚き霊柩車がその上を通る

・遺体を自宅に安置しても僧侶が枕経をあげるまでは生きているものとするので線香はあげない。僧侶が帰ってから初めてあげる

関連リンク