お布施の相場を紹介!
  • 知っておきたい葬儀の基本知識
  • 葬儀社選びのポイントを紹介
  • 愛知で遺族から喜ばれている葬儀社ランキングを発表!
  1. お布施ってどれくらいが相場?

実際に葬儀を行った人が悩んだのが「お布施」

実際に葬儀を行った人が悩んだのが「お布施」

葬儀や法事を執り行う際にほとんどの人が悩むであろうことが、お布施の金額です。まず、お布施には値段がついていないのが一番悩ましいところです。いっそのこと、料金を一覧にしてもらいたいと思う方もいるでしょう。相場はあるのか、どのタイミングで渡したら良いのか、どのように渡すのが正しいマナーなのか、お布施に関してはわからないことばかりですが、葬儀を機に法要のたびにお布施を渡す機会が訪れます。ここではお布施に関する疑問を一つひとつ解明していきますので、ぜひ参考にしてください。

お布施とは?

お布施とは、法要の際に僧侶に渡す謝礼金を言います。読経料や戒名料などという言葉はなく、すべて“お布施”です。受け取る僧侶の側ではお布施を本尊へお供えするという考え方なので、「頂戴します」とは言わず「お預かりします」と言います。

お布施を渡す時には、気を付けたい作法がいつくかあります。まずお布施は半紙に包むか白い封筒に入れ、表書きは「お布施」と記すか何も書かずにおきます。お札を入れる向きにも注意が必要です。表書きの方にお札の肖像画が見えるように揃えて入れます。そしてお布施は直接手渡しせず、お盆の上か袱紗の上に置いて渡すのが好ましいようです。僧侶に渡す時には「本日はよろしくお願いします」など一言添えると、渡しやすいでしょう。

またお布施には決まった金額というのがないのでいくら包んだら良いか悩むところですが、よくわからない場合は「皆さんどのくらいされていますか?」などと、直接伺っても良いようです。直接聞きづらい場合は葬儀社に確認すれば、その地域の相場を教えてくれます。

お布施の疑問を徹底解剖

お布施の疑問を徹底解剖

第2回お葬式に関する全国調査によると、「実際に葬式をしてみて困ったこと」という項目のアンケート結果では、「心づけやお布施の金額」がトップだったそうです。ここでは、多くの人が葬儀で困るお布施についての疑問を解消していきましょう。

葬儀のお布施相場 地域による違い

葬儀でのお布施の全国相場は、20~30万円程度になるようですが、地域によって相場に違いがあります。一人の僧侶に通夜、葬儀の2日間にわたり読経を依頼した場合のお布施の相場は、関東圏内は20~35万円、関西圏内では20万円前後だそうです。全国的に見て、関東と中部地方のお布施の相場は高めのようです。

四十九日法要・一周忌法要でのお布施

四十九日、一周忌法要では相場として3万円~5万円前後のお布施を渡します。僧侶が会食に出席しない場合は1万円の御前料を、自宅に招く場合はお車代として5千円程度を渡すのが一般的です。

お盆・お彼岸でのお布施

故人が亡くなってから初めて行う初盆でのお布施は、3万円~5万円が一般的とされています。初盆以降のお盆やお彼岸で、檀家が集まって行う合同法要の場合のお布施は5千円~3万円が一般的です。僧侶を自宅などに招き個別に法要を依頼する場合は、3万円~5万円前後となるようです。その際はお車代として5千円~1万円を包みます。

関連リンク