まずは知っておくといざという時に慌てない葬儀の知識
  • 知っておきたい葬儀の基本知識
  • 葬儀社選びのポイントを紹介
  • 愛知で遺族から喜ばれている葬儀社ランキングを発表!
  1. 知っておきたい葬儀の基本知識

葬儀を行うにあたっての基本知識を紹介

葬儀を行うにあたっての基本知識を紹介

家族や身近な人の不幸は大変な悲しみをもたらしますが、それを乗り越えて故人や家族の思いに沿った葬儀で送り出したいものです。ただ葬式を出すという経験は一生のうちでそう何度もあることではないので、ほとんどの方が何をどうしたら良いのかわからないのではないでしょうか。いざという時にも慌てずに心のこもった葬儀ができるように、ここでは葬儀の基本的な知識を紹介します。葬儀にかかる費用や手順などを詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

葬儀の費用について

葬儀の費用について

普段私たちの生活に身近ではない葬儀に関して、一番気になるのが費用のことです。平均的な葬儀ではいくらが相場なのだろうか?最低限いくら必要なのか?など、検討もつかないのが正直なところです。

葬儀を出す際にかかる費用は葬儀一式にかかる費用、飲食接待の費用、寺院などに支払う費用の大きく3つに分けられ、これらの合計が葬儀費用と言われています。詳しくは「葬儀にかかる費用ってトータルでどれくらい?」で説明していますが、葬儀費用は地方による差異もありますので、まずはそちらで全国や都道府県の平均額を参考にしてみてください。特に飲食費については、地域によってばらつきがあるようです。葬儀社に支払う費用以外にかかる遺体搬送費や香典返しなどについても詳しく紹介していますので、葬儀費用の準備に役立ててください。

葬儀を行う場所について

葬儀を行う場所について

葬儀をどこで行うかということも、費用の次に考える検討事項でしょう。自宅、寺院などの宗教施設、専門の斎場、自治会などの公共施設、ホテルなど選択肢は様々あります。

費用がかからずゆっくりとお別れの時間がとれる自宅での葬儀ですが、住宅事情や生活環境の変化により20年ほど前から減少傾向にあるようです。また檀家など決まったお寺とのお付き合いがある場合には、寺院の本堂で行うことも多いでしょう。そうでない場合に寺院で葬儀を上げるときは、宗派が限定されたり葬儀社を指定されたりするようです。また、地域の自治会館や集会場などを借りて行うのは費用面でメリットがありますし、ホテルを利用すればたくさんの人に来てもらえるでしょう。しかしこれらは葬儀用の施設ではないため、葬儀を行うには不便や不都合が生じることがあります。

それに対して葬祭業者が葬儀や法事を行うために作った施設である葬儀専門の斎場は設備や機能が充実しており、葬式を行う場所だけでなく宿泊の施設や会食の施設、宗教者の控室などが用意されていることが多いようです。家族に負担がかからないことなどから、葬儀を行うには一番利用しやすい場所と言えます。

事前の生前予約について

事前の生前予約について

生前予約という言葉を聞いたことがあるでしょうか。生前予約とは自らの葬儀や墓地などについて、その内容や予算などを予め決めて依頼しておくことを言います。最近では自分自身でどのような葬儀にするかを決めておきたい、そのための費用も事前に用意しておきたいという要望が増えており、特に一人暮らしの人にはその傾向が多いようです。

この生前予約の内容を自分が死んだ後にしっかりと執行してもらうためには、信用できる業者と生前契約を交わすことが重要です。契約内容は人により様々で葬儀に関する予約だけをする方もいれば、老後の後見に関する事項や死後の諸手続き、整理、遺言管理執行など全般を依頼する方もいます。さらにその内容を確実に執行してもらうために、遺言、公正証書などの作成をしておくと良いでしょう。

生前契約は様々な機関や互助会、葬儀社が受け付けていますが、契約先を選ぶ際にはその機関が将来破綻しないかどうか経営状態をしっかりと見極めることが肝心です。

関連リンク